MENU

家庭教師を斡旋する会社って、たくさんあるけど、どこを選べば良いか、迷いますよね?

最近、子供の成績が落ち気味かな・・・と、何となく気になっていませんか?

知り合い少ないし、どこへお願いしたら良いのかしら・・・

変な人ヤだし・・・近くいいとこあるのかな・・・

・・・など、気になりながら、どうしてよいか分からなかったお母さんにお届けします!

本日お届けする「家庭教師比較くらべーる」では、あなたのご近所にある、家庭教師派遣の業者を紹介させて頂きます。

更に・・・

誓いだけじゃなくて、しっかり実力もないと・・・

良い先生だからって、高すぎるのは無理だし・・・

更に「家庭教師比較くらべーる」では、その名の通り、家庭教師の業者を複数ご紹介させて頂くことで・・・

「どんな先生がいるのかな?」
「どんなカリキュラムなのかな?」
「料金は予算内かな?」


・・・などをしっかり、事前に比較検討出来る内容になっています。

検索から一括資料請求所要時間は3分!

現在、「家庭教師比較くらべーる」から一括資料請求いただきますと先着15名に20,000円のプレゼントキャンペーンもあります!

\今なら20000円が当たるかも!? /

大切な子供の勉強をお願いするわけですから、誰でも良いというわけにはいきません。

業者によっても考え方も違うこともあります、所属する講師の人柄や実力などはお試し体験などから、実際の印象を感じ取ってみてください。

「家庭教師比較くらべーる」をきっかけに・・・
今まで分からなかった、近所にある複数の家庭教師会社を知った上で、更に、子供に合った家庭教師は、どこの会社にいるのか?

探してみましょう!

子供にとって・・・

  • 安心、安全でリスト
  • 相性の良い先生で

親にとっては・・・

  • 予算内の費用で(笑)

と・・・これが理想ですよね?

ぼんやりしていたイメージをどんどんハッキリとしたものに変えて、子供にとって良い家庭教師を発見しましょう。

目次

家庭教師比較くらべーるの内容とは?

  • あなたのお住いの地域にある家庭教師会社をご紹介
  • 小学生、中学生、高校生までの各学年に対応
  • 目的・用途別での家庭教師会社のご提案

↑を含んだ内容の複数ある家庭教師会社の中から、候補先となる会社の資料の一括資料請求が「家庭教師比較くらべーる」の役割となります!

家庭教師比較くらべーるでの選び方

では、「家庭教師比較くらべーる」での一括資料請求の仕方についてお知らせしておきます!

所要時間は3分程度です。


一括資料請求をしておきましょう!

ステップ①~ステップ⑩で完結します!

STEP
「小学生」、「中学生」、「高校生」を選択します。
ここでは「小学生」を例に取って進めますね!

STEP
次に学年を選択します。
STEP
目的を選びます。
STEP
お住いのご自宅住所(資料送付先)の入力をし、次へ・・・
STEP
子供の名前を入力し、次へ・・・
STEP
電話番号を入力し、次へ・・・
STEP
Eメールアドレスを入力し、次へ・・・
STEP
上段でお届け予定の家庭教師会社のサービスが表示されます。
下段には、お届けできるサービスも表示されますが、選択は任意です。
STEP
下の画像が表示されたら、「この内容で送信」をクリック!
STEP
下の表示が表示されましたら、「一括資料請求」完了です。

簡単だね!

・・・という具合に3分以内に、一括資料請求自体は完了してしまいます。

まずは一括資料請求をお試しください!

\今なら20000円が当たるかも!? /

家庭教師比較くらべーるのメリットとデメリット

家庭教師比較くらべーるのメリット

お住いの地域になじみがない場合やご近所付き合いが多くないなど、情報収集にお困りの際、最適の家庭教師会社の情報を短時間で収集できるという利点があります。

「家庭教師比較くらべーる」で家庭教師会社を探すことから、これまで知っているつもりで知らなかった、家庭教師サービスの内容が分かり、子供の成長に併せた、プランも事前に考えられるます。

意外と、探し始める時は、もっと早く探しておけば良かったというタイミングになりがちなんです。

それでも、子供の変化の早い段階で、アクションが取れたことで、その後も、「打つ手」を考えることが出来ますし、出来るだけ早く解決するという意味では、あなたが思った、瞬間が・・・

「今でしょ!」です。

家庭教師比較くらべーるのデメリット

デメリットと言えることは見当たりません。

・・・が、1点。

一括資料請求をする際に、電話番号を登録することになります。

「家庭教師比較くらべーる」で一括資料請求した先には、登録情報は伝わりますので、営業電話は掛かってきます

これは、残念ながら・・・避けようがない。

煩わしけれな、早い段階で、決定的な断り文句である・・・

「もう他に決めましたので!」

・・・で蓋をしてしまいましょう!

家庭教師比較くらべーる以外のサービスはないのか?

「家庭教師のファミリー」、「家庭教師比較部」、「家庭教師センター」、「家庭教師比較ネット」、「家庭教師の総合情報」、「ウェルカム家庭教師ナビ」など・・・

かてきょナビ以外にも一括資料請求サービスはありますし、それなりに使えるとは思います。

類似サービスで「イーリズム塾探し」などが、学習系の一括資料請求ですが、「イーリズム塾探し」自体は、学習塾の資料を取り寄せるサービスですので、「家庭教師」をお探しであれば、少し、趣が異なりますね。

せっかく、今日の記事をご覧になったのですから、「家庭教師比較くらべーる」ご利用くださいな!

家庭教師比較くらべーるのよくある質問

家庭教師にかかる費用はどのくらいですか?

一般的な家庭教師を1時間利用するのにかかる費用は1,500円~8,000円と言われています。
学生家庭教師かプロの家庭教師を選ぶか、個人契約にするか家庭教師会社に依頼するかなど、どんな家庭教師を選ぶかで料金が変わってきます。
金額が高い家庭教師がまた家庭教師の料金体系や相場についてより詳しく知りたい方は、家庭教師の料金相場を徹底比較!をご覧ください。
料金が高い会社が一概に良いとは限らず、お子さんの性格や利用目的に合った家庭教師を選ぶことが重要です。

家庭教師と塾では、どちらが高いのですか?

家庭教師の場合、お子さん1人に対してかける指導時間や指導内容も手厚くなるため、塾と比較すると料金は高い傾向にあります。
また、塾の中で集団塾と個別指導塾を比較してみた場合は、個別指導塾の方が高い傾向にあります。これも、やはりお子さん1人にかける指導時間が比例しています。

教材費もかかりますか?

家庭教師会社によってはかかる場合がございます。
ただ、当サイト家庭教師・比較くらベーるでは、教材の購入が必須の家庭教師会社はご紹介しておりません。
教材費はかからず、お手持ちの教材(教科書や問題集・ワーク)で始められるケースが多いです。

指導料の支払い方法は決まっていますか?

各会社によって異なりますが、銀行引き落とし、振り込みでの支払いがほとんどです。支払い方法に希望がある場合は、事前に家庭教師会社へ相談してみることをおすすめします。
高額なローン契約やチケット購入、一括支払いを強引に勧めてくる家庭教師会社は悪質な詐欺を行う場合があるため、避けたほうがよいでしょう。
家庭教師くらべーるでは、そのような会社は掲載しておりませんので、ご安心ください。

途中解約・返金は可能ですか?

ほとんどの家庭教師会社では、途中で解約は可能です。会社によっては、解約金がかかったり、支払い済みの授業料は戻ってこない場合があります。
入会前に、資料や契約書を確認して、気になることは契約前に確認しましょう。

契約から8日以内であれば、クーリングオフ制度を使って、料金を返金してもらえる場合があります。
各家庭会社の資料や契約書をご用意の上、国民生活センターにご相談ください。

なぜ家庭教師なのか?

そもそも論ですが・・・

なぜ、家庭教師が必要なのですか?

受験対策で・・・

苦手教科克服で・・・

・・・だけなら、学習塾でも良いですよね?

家庭教師に向く子供と学習塾に向く子供

ここで、お母さんが、非常に積極的なパターン、失礼ながらもありがちです(笑)

どの子も一様に家庭教師が良いわけではないですからね!

子供の希望もあれば、客観的に判断する子供の性格、今の状態、習熟度などからも、学習の手段は選ぶべきです。

家庭教師が向く子供

消極的で、集団の中ではなかなか質問・発言が出来ない

勉強に苦手意識があり、勉強に向き合おうとしない

勉強の仕方がわかっていないから、勉強が嫌い

学校、学習塾の中でも理解度が低いと判断されている

その他の習い事や部活などで、学習塾での定期的な学習に向いていない

学習塾が向く子供

友達と一緒に学習できることに喜びを感じる

周囲が勉強しているのを見て集中力を高める

緊張感を持って、取り組める

なるほどね・・・

上記の観点も忘れないようにチェックしておきましょう!

家庭教師比較くらべーるのまとめ

子供が学習する際に、お母さんの気持ちよりもまずは、子供が主役になることが重要です。

確かに勉強せずに将来困る子供もいれば、困らない子供もいるでしょう。

ですが・・・あくまでも勉強するのは子供です。

私たち親が出来ることは、「芽を摘まない」、「蓋をしない」、「チャンスを与える」じゃないでしょうか?

あとは、何を言っても本人次第だと思います。

将来良かったと思える環境を整えてやるだけ・・・

それしか、我々、親が出来ることはないんじゃないかと、私自身は考えています。

「家庭教師比較くらべーる」で一括資料請求をして、「家庭教師を選ぶ」という選択肢を準備しましょう

\今なら20000円が当たるかも!? /

目次
閉じる